FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

有田川鉄道公園

 2010-07-24
有田川鉄道公園(有田川鉄道交流館)
白浜温泉に行った帰り道渋滞をなんとか抜け出して午後5時の閉館を1時間後に控えた午後4時前に有田川鉄道公園に到着した。廃線された有田鉄道の金屋口駅周辺の一部路線を活用した鉄道公園である。お目当てはキハ58003だ。
有田川鉄道公園1
入り口ではD51がお出迎え。
有田川鉄道公園2
鉄道交流館の中の鉄道模型ジオラマや有田川鉄道の資料を見学するには大人で200円の入場券が必要だ。お金を払ってまで鉄道模型を見ようとは思わなかったが、屋外に展示されているキハ58003やハイモ180を見せて頂くのだからその感謝の気持ちを含めて入場することにした。建物の目の前には国鉄急行色のキハ58003がアイドリング状態で停車していた。ディーゼルエンジンの心地よい匂いにがたまらないが暑かったこともありキハ58003を写真一枚撮らずに鉄道交流館に入場した。
有田川鉄道公園3
中央には新幹線やJRの特急車両が走るNゲージが、その周りには有田鉄道を再現したHOゲージのジオラマがある。のんびり在りし日の有田鉄道の写真を見ていると「ふぁあ~ん」と警笛が聞こえた。外を見てみると停車していたキハ58003が消えていた。慌てて外に出てみると遥か遠くにある車庫に車両が入庫していた。
有田川鉄道公園4
ホームには車両走行の時間表があり、その一番下には「※16:00に車庫に戻ります」と書かれている!
有田川鉄道公園5
ショックでその光景に呆然としてしまった。はるばるキハ58003に会いにきたのにカメラに収めた画像は遠くの車庫に顔だけ出したキハ58003であった。案内版を注意して見ていなかった私も悪いが閉館の1時間も前に車庫に戻るなんて「・・・」だ。WEBにも何も書いてなかったぞぅ、、、。ハイモ180も見当たらなかったが車庫の奥にでも収まっているのだろうか。
有田川鉄道公園6
紀州鉄道のキハ605形だけは交流館の横に展示されていたので近くで見ることができた。しかし何の案内看板もなく知らない人が見てもなにかわからないだろう。岡山臨港鉄道から譲受けたが結局1度も紀州鉄道で営業運転に使われなかった1951年に製造された気動車だ。


↓ブログランキング参加中 クリックしてね!
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://ef5820.blog44.fc2.com/tb.php/138-e4d23d28

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。