FC2ブログ

スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

長岡の夜はイタリアンと新幹線~2010年冬のローカル線に溺れる旅(7)~

 2011-01-28
長岡の夜はイタリアンと新幹線~2010年冬のローカル線に溺れる旅(7)~
小出で只見線と別れを告げて上越線で今宵の宿のある長岡へ向かう。久しぶりに近郊型の電車、115系に乗り込む。長靴を履いた高校生や家路につく通勤客で車内は満員となっており座ることはできなかった。乗った記憶のない路線だが外は真っ暗で短い乗車だが、思いの外退屈で長く感じた。雪が少し降っているようだ。
長岡に到着。乗客がどっと降りる。新潟で何を食べるか。新鮮な海の幸と地酒なんて柄でもないのでご当地グルメの「イタリアン」に挑戦。駅ビルの中に専門店の『フレンド』がありそこで購入する。イートンはなく持ち帰りしか出来なかった。
只見線14
「イタリアン」とは焼きそばにミートソースがかかったファーストフード。餃子が4つほど入ったセットを購入。「イタリアン」お味の方は見たまんまでした。寒空で料理が冷えてしまったようで熱々の方が美味しかったのかな。夜の食事としては物足りないか。ミートソースもトマトの酸味が余り無いジャンクな味で。餃子の方は普段王将で食べているから舌がこえてしまっているのか。お弁当の付け合せのような味。
只見線15
嬉しいサプライズはホテルの部屋からの景色。ホテルニューグリーンプラザは駅からみぞれに濡れることがなく行くことができる場所にあり、立地とコストパホーマンスだけで選んだ。入った部屋は見事なトレインビュー。長岡駅の新幹線ホームが正面に望むことができた。本数も少なく、それほど夜遅くまで運転されていないので騒音も気にならない。「新幹線ホームが見える部屋」でホテルも宣伝すればそれなりに人気が出ると思うのだが、その気は全く無さそうだ。明日の早いので新幹線ホームの明かりが消える頃に眠りについた。
(2010年12月16日)
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://ef5820.blog44.fc2.com/tb.php/168-e5b0793a

≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。