スポンサーサイト

 --------
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

トヨタ F1 撤退のニュース飛び込む!

 2009-11-04
トヨタ F1 撤退のニュース飛び込む!
 まさに最悪のタイミングである。日本のF1ファンが消化試合である先週末のアブダビGPが今シーズンで一番興奮したレースだと感じたのは私だけではないだろう。ホンダの撤退で幕を開けた2009年のシーズン。ホンダの置き土産のマシーンで戦うブラウンGPの快進撃を複雑な気持ちで見守り、フェラーリとマクラーレンの不調で全体的に盛り上がりに欠け、唯一の日本人ドライバーである中嶋一貴の痛々しい走りを見ていられないと感じた人は少なくないはずだ。
 その最終戦の小林可夢偉のアグレッシブな走りは、そんな2009年のシーズンを少し後味の良いものにしただけではなく、来年の開幕を待ち遠しく感じさせてくれた。最終戦終了後、2010年を最後にブリジストンのF1撤退が発表されたが同時に小林のレギュラーシート獲得の期待が盛り上がっていた。その最中にTOYOTAはF1撤退を決めた。最悪のタイミング。私の記事でもトヨタのF1撤退を予測し、富士スピードウェイのF1開催撤退の件でもトヨタのF1に対する考え方に違和感を覚えたが、さらにそれは深いものとなった。もちろん企業として存続することが第一であり、F1は宣伝活動の一環に過ぎないのは重々承知している。だが、あまりにも期待を裏切り過ぎているのではないか。ここまで育ててきた小林可夢偉という逸材も手放してしまった。このままトヨタはF1界に何も残さず、世界中のF1ファンにもホンダほどの記憶を残さず去ってしまうことになるだろう。
 来年のスターティンググリッドは今直不透明だ。BMWが撤退し、新チームも新たに加わる予定だが、世界的な経済的状況はまだまだ厳しい。最終戦を終えたこの時期にこれほどドライバーが確定していないのは珍しい。そのため、幸いどこかのチームが小林を拾ってくれる可能性はまだあるということだ。「尼崎の星・小林可夢偉」が来年シートを得られるかが、今後の日本GPの集客、そして日本でのF1開催継続まで影響してくることは間違いないだろう。さらには日本でのTV放映も安泰ではなくなるかもしれない。
toyota-f1
↑アブダビGPで快走する小林可夢偉
スポンサーサイト
タグ :
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:

http://ef5820.blog44.fc2.com/tb.php/97-a1efaa3d

  • Yahoo F1【芸能界のあんな話・こんな話 業界裏話暴露】
    Canon EFレンズ 50mm F1.8 II価格:¥ 8,982(税込)Amazon.co.jp 商品紹介 わずか130gという徹底した軽量・コンパクト化、そしてリーズナブルな価格を実現したEF50mmF1.8 II。標準の定石である5群6枚のガウスタイプとすることで、0.45mから無限遠まで全域にわたってシャ
【2009/11/04 09:08】
  • トヨタもF1撤退!?【Thinking Life】
    ネットが使えず更新が、またちょっと滞ってしまった。いかんなー。 そんな中、衝撃のニュースが。トヨタもF1撤退。。。今日にも正式発表が...
【2009/11/04 13:19】
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。